結婚指輪・婚約指輪の代表的な素材「プラチナ」と「ゴールド」の違いとそれぞれの特徴

結婚指輪 (マリッジリング) や婚約指輪 (エンゲージリング) を選ぶときに迷うポイントのひとつが「指輪の素材」ですよね。指輪の素材にはさまざまな種類があり、素材によって変色のしやすさや強度が異なります。身に着ける時間が長いものだからこそ、しっかりと違いを知った上で選びましょう。
この記事では、結婚指輪・婚約指輪で選ばれる、代表的な素材の「プラチナ」と「ゴールド」についてお伝えします。

代表的な素材①「プラチナ」

プラチナとは

「結婚指輪といえばプラチナ」と思う人は多いのではないでしょうか。プラチナは、永遠に白く輝き続ける高耐久な性質をもち、結婚指輪の定番としてたくさんのカップルに選ばれています。
また、汗や温泉の硫黄などにも強く普段使いしやすい安心の素材です。

プラチナは和名で「白金(はっきん)」と呼ばれ、白い光沢のある金属です。混同されることの多いホワイトゴールドやシルバーとは違い、深みのある落ち着いた銀色が特徴です。

プラチナの純度「pt900」ってなに?

プラチナ素材の指輪を見ると、
「pt950」や「pt900」といった表記が目に入ると思います。
これは、この製品にどのくらいのプラチナが含まれているかを表しています。
例えば、「pt950」と表記がある場合は、この製品の95%がプラチナで出来ているということになり、「pt900」と表記されている場合は90%がプラチナで出来ているということになります。
純粋なプラチナは柔らかく変形しやすい(加工しやすい)特徴があります。
その為、強度を上げるために一般的にプラチナの合金が用いられており、プラチナの純度が低いほど強度が高く、丈夫であるということになります。

プラチナ素材の特徴

・深みのある銀色をしていて、白く輝き続ける
・耐久性が強い
・汗や温泉の硫黄などで変色しにくい
・加工がしやすい素材なのでデザインのバリエーションが豊富
・金属アレルギーを起こしづらい

     

代表的な素材②「ゴールド」

ゴールドとは

ゴールドもプラチナと同様、純度が高いと強度が落ちてしまいます。ブライダルリングなどは、純金と他の金属を混ぜ合わせて作られることが多いです。
また、ゴールドは変色しやすいといわれますが、お風呂や洗い物などの日常生活にはほとんど支障はありません。
ゴールドの特徴としては、混ぜ合わせる金属の種類や割合によって色合いを変えることができます。主に「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」などがありデザインが豊富なのも魅力のひとつです。
 

>>ゴールドの種類は何があるの?
「カラーゴールド」についてはこちら

ゴールドの純度「K18」ってなに?

ゴールド素材の指輪を見ると、プラチナ素材の指輪同様「K24」や「K18」といった表記が目に入ると思います。
これは、この製品にどのくらい金(純金)を含んでいるのかを表しています。
日本では、金の純度を24分率で表しており、純度100%の金(純金) = K24(24金)ということになります。K1ごとに、4.17%ずつ純金の含有率が増えて行き、 K18の場合、純金の含有率は75%になります。
 
一般的には 「K24・K22・K18・K14・K10」の5種類で表記されることが多く、それぞれの純金の含有率は、
K24=100%、K22=91.7%、K18=75%、K14=58.5%、K10= 42%となっており、ブライダルリングにおいては「K18」が最適と言われています。
 
また、「K24」や「K18」など数字の前についたKはカラット( Karat )の略で、金の純度を表す世界共通の単位です。
日本ではカラットを金と置き換え、24金、18金などと表記することもあります。

ゴールド素材の特徴

・肌馴染みがよくファッション性がある
・耐久性が強い
・純金と合わせる合金によっては温泉の硫黄に反応する場合がある
・純金と合わせる合金によっては金属アレルギーに注意する必要がある
・カラーバリエーションが豊富

金属アレルギーには要注意!

今回ご紹介した、結婚指輪・婚約指輪の素材として代表的なプラチナとゴールドは金属アレルギーを起こしにくい素材といわれていますが、
一般的にプラチナの合金として使用される「パラジウム」やピンクゴールドに使用される「銅」などはアレルギー反応がでる可能性があるので要注意です。
金属アレルギーが不安な方は、事前にアレルギーのパッチテストを受けたり、肌に多く触れる内側部分のみアレルギーを起こしにくい素材にするなど工夫してみてくださいね。