焦らないで!抜けなくなったときの対処法②

⑤糸を使って、徐々に指輪をずらして外す

救急医療の現場で実際に使われている指輪外しの奥義です。まず丈夫な糸を用意して下さい。

  • ・付け根から指先方向に、指輪と指の間に糸を通す
  • ・通した糸を指先に向かって密に巻きつける
  • ・巻きつけた糸を固定しながら、指輪に通した側の糸を引く
  • ・そのまま、巻きつけた糸を解いていくと、指輪が徐々に移動していく
  • ・その作業を数回繰り返せば、無事指輪は外れるはず

文章では伝わりにくいのですが、この方法を写真で紹介しているサイトがあるので興味のある方は一度検索してみてください。

⑥力技で指輪を外す

①~⑤の方法を試しても外せない場合、力技で指輪を外すことになります。
そのときは自分でペンチを使って外す・・・なんてことは絶対にやめてください!
消防署か、リングカッターのある指輪専門店にお願いしましょう。
一般的な結婚指輪であれば、たいていは修理ができます。
でも、せっかく買った2人の指輪。この方法はなるべくなら使いたくないですよね。

このように6つのポイントを挙げましたが、一番大切なのは「指輪を引っ張って抜くというイメージを捨てる」ということです。
「指と指輪の間に隙間を作って、そこに指の肉を詰めていって抜く」というイメージで行ってください。

キャンペーン